なぜ高い水を買うのか

近年、ミネラルウオーターやウォーターサーバーを使用する人が増えています。
水道の蛇口をひねればいつでも出てくる水をどうしてわざわざお金を払ってまで買うのか、疑問に思う人も少なくないかもしれません。
たとえば東京の場合、水道水の料金は1000リットルで300円、つまり1リットルなら0.3円です。
昔は「カルキ臭い」「マズい」などといわれていましたが今はそんなことはないようですから、水道の水を飲料水として飲んでいる人はたくさんいます。
全国的に見ると多少マズさを感じたり臭いのする地域もあるようですが、けっして飲めないわけではありません。
なのに、水道水の何百倍ものお金を払ってまで、ミネラルウオーターやウォーターサーバーを使用するのはなぜなのでしょうか。
それはやはり「健康」や「安全」「安心」を手に入れたいという意識なのでしょう。
食品でも同じことがいえます。
外国産特に中国産の食品に対して、あまり良くないイメージを持っている人も少なくないようです。
だから国産以外は口にしないという人は大勢います。
国産と外国産を比較するとどうしても国産の方が割高なようですが、これはお金で「安心」や「安全」を買っているといってもいいでしょう。

外国産とはいえ輸入時には厳密な検査を行なっており、健康に影響の出ることはほとんどありません。
しかし、稀に起こる事件や事故、さらに現地でのレポートなどをマスメディアで見ると不安になってしまうのです。
もちろん水道水が「不健康」であったり、「安全」「安心」ではない、というわけではありません。
日本の水道水は、世界から見ると安心で安全に飲める水との評価を受けています。
外国では、その国の人でも水道水を直接口にしないということもあるほどなのです。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーを使用する人は水道水に不信感を抱いているのではないと考えます。
毎日口にするものだけに、自分の納得したものを選択したいと考えそれを実行しているのでしょう。
最近では、日本でもウォーターサーバーがどんどん注目されて来ており安全な水に対して人々の意識もだんだんと高まってきましたね。
綺麗で安全な水が家でいつでも飲むことが出来る、これは今まで当たり前に水道を捻れば安全な水を飲むことが出来ていた日本ではなかなか向けられることのなかった意識ではないでしょうか。
都会の水なんかになると、どうしてもカルキ臭い水になってしまうしいちいち煮沸してからまた冷やして飲むのは面倒臭いですよね。
かといって、ミネラルウォーターは一回にかかる料金が高いのでかかるお金も馬鹿になりません。
しかし、ウォーターサーバーならばお金もそこまでかかりませんし何より水源から直接業者が水を厳選して組み上げ、更に厳しい検査に合わせて処理を行ってボトルに保存しているので非常に安全でなお且つ長持ちするというメリットがあるのです。
ウォーターサーバーの水はどのくらい持つのか、ということですが未開封の水であれば三か月から半年近くも持つ、というような優れ物なのです。
開封してからでも二週間はもちますので、ウォーターサーバーに取り付けていても二週間近くはその水を飲み続けることが出来る、ということなのです。
実際、ウォーターサーバーの水は精々七リットル程度しか一パックにはありません。
普通に考えて人間は一日に数リットルの水を飲むわけですから一パックを二週間もかけて飲むわけもありません。
なので、基本的には水を腐らせる心配はないですし買いだめをしておくこともできる、ということなのですね。
更に、天然水にはミネラルが豊富に含まれておりバナジウムなどが含まれている美容にも効果のある水もあるわけですね。
お水、というのは日頃からいい物を飲み続けるということは美容にも非常にいいことなのです。
肌もきれいになりますし、何より体の調子もよくなってより健康的な生活を送ることが出来るようになる、というところがウォーターサーバーの何よりいいところです。